« 不要なテンポラリファイルを削除する方法 | トップページ | プログラムのアイコンを小さくしてみる »

ウィンドウとアイコン文字サイズを変更する

Windowsの初期設定では、アイコン文字サイズや画面上の文字サイズが比較的小さめに設定されている。

特に必要な設定ではないが、もし読みにくいと感じる場合があれば、文字だけを大きくして表示するように設定することができる。

通常は、アイコンに対してこれぐらいの大きさ

090420_211843

アトピー性皮膚炎・患者が記録するブログ

画面上の何もないところで右クリックしてプロパティを選択

090420_215319

デザインタブをクリックして、一番下のフォントサイズで設定する

090420_220628

特大フォントに設定するとこれぐらいになった。

090420_221245

これぐらい大きくなれば十分だと思うが、さらに大きくしたければもっと大きくする方法もある。

この場合、画面のプロパティで設定タブをクリック

詳細設定 → DPI設定のところでカスタマイズを選択する

標準サイズに対してこの割合で大きさを変えるで設定する。


« 不要なテンポラリファイルを削除する方法 | トップページ | プログラムのアイコンを小さくしてみる »

6,ウィンドウ 裏技」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160124/44734765

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンドウとアイコン文字サイズを変更する:

« 不要なテンポラリファイルを削除する方法 | トップページ | プログラムのアイコンを小さくしてみる »