« プログラムのアイコンを小さくしてみる | トップページ | クイック起動ツールバーの活用あれこれ »

ページングファイルを使用しないように設定

ページングファイルとは、ハードディスクなどに物理メモリの代わりをさせる技術で、その名を仮想メモリと言う。

その仮想メモリにアクセスすることをページングと言うのだ。昔は、搭載メモリの容量が小さいパソコンが主流で、ページングファイルのサイズを指定してパフォーマンスを向上した。

最近のパソコンは、搭載されているメモリが大容量なのでページングファイルの必要もないかもしれない、500MB以上のメモリを搭載したパソコンならページングファイルを使用しないように設定しても大丈夫だ。

ページングファイルでできるハードディスクの断片化は、デフラグで最適化できない。そのため、最終的にパフォーマンスが低下することにつながるのだ。

まずは、マイコンピュータを右クリック → プロパティーを選択

090422_104922

詳細設定タブをクリック → パフォーマンスの設定をクリック

090422_105054

詳細設定タブをクリック → 仮想メモリの変更をクリック

090422_111135

通常、OSが自動で割り当てたカスタムサイズになっているはず、それをページングファイルなしに設定してしまおう。

090422_111654

設定 → OK → 再起動して完了です。

搭載メモリが500MB以下の場合は、ページングファイルを設定するほうがよりパフォーマンスが向上する場合もある。

この場合、カスタムサイズにして初期サイズの値に、カーソルがある推奨:1149(1150)を入力し、最大サイズの値は、初期サイズ(1150)の倍(2300)を目安にすればよい。

090422_113151

ここの、推奨:・・・・MBは、そのパソコンの搭載メモリのサイズにより異なる。

また、不適切な値を入力すると不安定になるので注意!

ページングファイルについては、いろんな説があるのでどの方法がよいとはいえない。ただ、デフラグで最適化できないと言うのは致命傷だと思うので、管理人はページングファイルを使用しない設定に行き着いた。

いろいろ値を変更してみては、どれが良いのか試してみたが直接パフォーマンスが向上したようには思えなかった。

と言うのも今のパソコンは、そこそこのメモリ容量があるからではないでしょうか?


« プログラムのアイコンを小さくしてみる | トップページ | クイック起動ツールバーの活用あれこれ »

1,システム 裏技 設定」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160124/44750599

この記事へのトラックバック一覧です: ページングファイルを使用しないように設定:

« プログラムのアイコンを小さくしてみる | トップページ | クイック起動ツールバーの活用あれこれ »