« 自動実行プログラムを無効化にする裏技 | トップページ | ウィンドウとアイコン文字サイズを変更する »

不要なテンポラリファイルを削除する方法

tempフォルダ内にある不要なファイル(テンポラリファイル)を削除することで、ハードディスクの空き領域を確保し、全体的パフォーマンスを向上する。

テンポラリファイルは、アプリケーションがフリーズした場合に復旧するために必要なコピーファイルだ。通常自動的に削除されるものだが、強制終了することによって永遠にtempフォルダ内に残るやっかいなファイルだ。

このファイルを削除して、ディスクの無駄を減らしてみよう!

まずは、マイコンピュータ → WindowsXPがインストールされているドライブ(通常はCドライブ)を、ダブルクリックで開く

090420_183252

無料 IP分散被リンク.NET オールドドメイン IP分散 被リンク

Cドライブ内のWINDOWSフォルダをダブルクリックで開く

090420_183906

結構多くのフォルダやファイルが表示されるので、その中から「Temp」フォルダを探しだしダブルクリックで開く

090420_185435

Temp」フォルダ内のファイルには削除しても削除できないファイルもあるが削除できるものは全て削除しても問題ない。

090420_190220

このように、定期的に「Temp」フォルダ内のファイルを削除することを、オススメする。


« 自動実行プログラムを無効化にする裏技 | トップページ | ウィンドウとアイコン文字サイズを変更する »

5,ハードディスク」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160124/44732498

この記事へのトラックバック一覧です: 不要なテンポラリファイルを削除する方法:

« 自動実行プログラムを無効化にする裏技 | トップページ | ウィンドウとアイコン文字サイズを変更する »