« 起動メニューの表示時間の変更、非表示 | トップページ | 不要なテンポラリファイルを削除する方法 »

自動実行プログラムを無効化にする裏技

改善すると、起動時間が早くなりメモリ不足を解消して動作が安定する。

間違った設定をしてしまうと不具合が発生したりするので注意!

Windowsは、起動時にアプリケーションを自動起動する機能があり、無効化にすることで動作の安定化を図ることができるが、Windowsの起動や更新に必要な項目も含まれているので注意が必要だ。

この設定は、システム構成ユーティリティーで行う。まずは、スタートメニューからファイル名を指定して実行をクリックする。

090420_152317

名前に「msconfig」と入力してOKをクリック

090420_152615

システム構成ユーティリティでスタートアップタブをクリック

090420_152926

ここのスタートアップ項目のチェックをはずすことで無効化にすることができる。無効化にして再起動すると反映される。

消しても問題ない項目だけ紹介しておく

・TaskMon

・ScanRegistry(レジストリバックアップ)

・lrMon(赤外線モニター)

・PCHealth/StateMGR(システムの復元)

・LoedWebCheck(IEのお気に入り同期機能)

など、個人によってほかにも無効化にできる項目があると思うが、自己責任で注意して無効化にしてもらいたい。


« 起動メニューの表示時間の変更、非表示 | トップページ | 不要なテンポラリファイルを削除する方法 »

3,起動.・終了時 裏技」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160124/44731347

この記事へのトラックバック一覧です: 自動実行プログラムを無効化にする裏技:

« 起動メニューの表示時間の変更、非表示 | トップページ | 不要なテンポラリファイルを削除する方法 »