冷却シートで安定化対策!

WindowsXPのパフォーマンスが低下する原因は、設定以外にもいくつかある。

ひとつは、パソコンを長時間起動しているとCPUが熱くなり、これ以上熱くさせまいとパソコン自ら制御してパフォーマンスを低下さす。この場合、設定が最適化されていたとしても動作が鈍くなってしまう。

特に夏になると気温が上昇するため、この症状がでやすくなる。

090418_050357

CPUが熱くなるとファンを回して冷却するが、デスクトップパソコンとノートパソコンを比較すると、どうしてもノートパソコンのほうが冷却対策が弱い。

この場合、Windowsを終了してさめるまで待つか、しばらく使わないで放置しておくしかない。

でも、のんきに待っている時間などないという場合は、冷却シートで冷やすという方法がある。

このような冷却シートは、ノートパソコンの下にひいて冷却対策するもので、管理人も以前使っていた。

夏になると冷却効果がよくわかる。

冷却シートには数多くの種類があり、使うPCによってサイズも異なる。また、その他の冷却グッズも見逃せない、Amazon.co.jpでじっくり比較してもらいたい。

※長時間PCを使わない人には冷却シートの必要はない。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160124/44705955

この記事へのトラックバック一覧です: 冷却シートで安定化対策!:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。